サイトトップ > サイトマップまで放置

オルニチンの副作用

オルニチンはダイエットをしている人や、疲れが溜まっている人から注目されている栄養素です。そのオルニチンはサプリメントで摂取するのが一番簡単な方法なのですが、オルニチンには副作用がないのかを知ってから利用したいという人もいるのではないでしょうか?

 

ですから、今回はオルニチンを摂取して副作用があるのかについてお話をしたいと思います。

 

先に答えを言っておくと、オルニチンは過剰摂取した場合でも、重い副作用はないとされています。これまでに臨床試験が行われたのですが、一日に5g〜7gほどのオルニチンを摂取しても副作用が見られなかったという実験結果もあります。

 

一日に5g〜7gほどのオルニチンというのは、いくらサプリメントでも摂取をすることはまずないでしょう。ですから、オルニチンを大目に摂取をしても、特に問題な副作用が現れてしまうということはないと考えることができます。

 

ですが、体質次第では、オルニチンを過剰摂取することによって、下痢や腹痛の症状が出てしまうということもあります。

 

オルニチン限定の話ではなく、他のシトルリンやアルギニンなどのようなアミノ酸を過剰摂取した場合でも、人によってはこのような副作用が出てしまうということもあります。ですから、胃腸が弱いのであれば、摂取しすぎないように調整をしていくようにしましょう。

 

私はサプリメントで、1日に1g〜2gほどのオルニチンを摂取していますが、これまでに副作用が出たことはありません。

 

そもそもオルニチンというのは、遊離アミノ酸になっていて、体の中に溜まらない性質を持っています。ですから、多めに摂取したとしても、短時間で排出させることになるため、副作用になりにくくなっているのではないでしょうか?

 

オルニチン関連Web

 

オルニチンは脂肪肝や肝硬変など肝臓病対策に有効とされています。

脂肪肝に効く肝臓サプリおすすめランキング!